2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

2015/01/10の華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お内仏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/01/07

御正忌準備。「おごさま」の餅つきと丸め。

 

2015/01/08

「おごさま」盛り

 

 

今年は地元のテレビと新聞の取材が入って、賑やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014/01/09の華

祖師前は五具足で。御正忌ですから。



おごさま「餅のお供え}とこうさこ(落雁)。



おまけ。お内仏にも、おごさまとこうさこ。






















 

2014/01/09の華




お正月の華を、かなり(ほとんど?)流用しています。
日和ってしまい、中尊前は三具足です・・・。




















 

2014/01/07

御正忌の準備が始まりました。本堂では、おみがき。






庫裏では「おごさま(ウチでは、お華束をそう呼びます)」の餅丸め。一俵弱、50kgほど搗きます。数えたことはないですが、5〜6000個あるのではないでしょうか。

2014/01/08

翌日、本堂では一個づつ短い竹串に挿して、盛っていきます。






















 

2013/01/09の華
中尊前は三具足にすることに。お正月の華を手直しして使いました。
梅・笹を取って、菊を替え、前置きをヒノキに。
その他は一度バラして、組み直し。
松の真や葉モノ、南天はそのまま使いました。
報恩講なので、祖師前は五具足に。
餅のお供え、「オゴサマ」(名前の由来は不明)。
2013/01/16
1月16日、法要終了後すぐに世話人さんの手で「オゴサマ」をバラします。
これがなかなか大変で。
バラした餅はお下がりとして、各家庭へ配ってもらいます。

2012/01/08の華



以前より御正忌の華を立ててくださっていたUさんが、昨年から出来なくなって、
仕方なく自分で立てています。



全体的にはいつもと変わり映えしませんが、この時期ならではと、水仙を使ってみました。
Hさん宅から大量に頂いたものです。
菊の色目を左右で、変えてみました。





「おごさま(おけそく)」と「こうさこ(らくがん)」



お内仏も、こんな感じで。





















 

2012/01/07





今年も「おごさま」(「おけそく」を、そう呼んでいます)の盛り付けが出来ました。
三色の餅を一個づつ串に差して、菱形に模様をつけて盛り上げるやり方は、
珍しいのではないかと思います。
















2011/01/09の華
 

今年も、お磨き・お供物は例年通り、きれいに出来上がりました。




お内仏も、こんな感じで。


2011/01/16


今年の御正忌は、最近では珍しく寒がひどく、16日には手水も凍りつきました!



















2011/01/09の華


今年の御正忌は、例年、中尊前を一対受け持って立ててくださるUさんが、急に立てれなくなり・・・。
急遽、自分で立てねばならなくなりました。
変わり映えしませんが。いつもの様式で、一対立ててみました。