2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

2014/03/11の華




松の真はお正月から、使い続けています。長く持ちましたが、さすがに限界・・・。













 

2012/03/12の華

春らしく、ストックを使ってみました。


大口径受け筒の効果で、軽くこのくらい立てれます。


色切りのキンセンカは、M総代からの頂き物。
出荷しておられるとのこと。










 



2011/03/12の華 

Hさんから、水仙をたくさん頂きました。
水仙が春の花かどうかは、異論があるかと思いますが、
ストックのピンクとあわせて、春らしい色合いかと。



水仙は、輪ゴムで束ねたものを3セット作って、差しました。



脇・余間には、キンセンカを頂きましたので、使ってみました。
少々、ヒョロヒョロしています。
























2010/03/14の華








中尊前・両脇・余間とも、お正月の松をまだ使っています!
長持ちするものですから・・・。

中尊前の控・流しの松は、先日ヒノキに替えていますが、
その他の枝も、さすがに限界近し、という感じです。













2009/03/07の華

春彼岸法要に向けて準備を。
今回は、総代のSさんからイソシバを頂いたので、控と流に使いました。
うまい具合に曲がっていて、いい感じ。
数日、留守にしますので、その前に葉モノを完成させて、花を足すだけにしておきます。
今日はここまで。


2009/03/12の華

明日から春彼岸法要。
真っ白の水仙を、総代のMさんから頂いていたので、正真前に。
アルストロメニアと菊を合わせてみました。
ハランを足して、何とか法要前に出来上がり。


最近は、両脇・余間の分は新発意も立てています。
今回も、私が葉モノまで組んで、花を添えるのは彼が担当しました。


2009/03/16の華

この時期、水仙が日持ちせず、正真前だけ菊に差し替えました。
見越・添下の白菊も、水揚げが少々悪かったので、
外して茎を少し切り、一晩バケツにつけて養生させたら、しゃんとしました。(少し短くなりましたが・・)

お供えのミカンは、Oさんから。