2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


2013/09/16の華


正真前と胴の花の後ろには、いつものようにハランで覆いをしています。
各所に花を挿して完成。
色切りには、珍しく和モノの小菊があったので使いました。普段店先にあるのは、ほとんど輸入物のスプレー菊ばかり
なのですが、これ位小さな花は良いですね。



























 

2012/09/15の華

久し振りにハラン以外を使います。
ヒノキ(黄金桧?)を買い込んできて、下拵え。ハランは楽でいいのですが・・・・。


まず真を立て、


控え・流しと、控えの下(何と呼ぶのでしょう?)、


副・受け(請け?)を挿して、


前側・下の受け筒を囲むように、胴を挿し、


真の前と、前側・上の請け筒を、組んだハランで囲い、


花を挿して、


前置き(今回はハランで)と、枝や花の足元にハランを挿して完成。






























2011/09/16の華



お供えしました。
今回、脇壇・余間のは、カーネーションを使ってみました。

というのも先日、「花新」さんの「ほんもの」を見る機会がありまして。
なるほど〜と思い、早速マネてみたのです。

2011/06/09



上手いなぁ、と思います。
ところでこれ、いったい、おいくらなんでしょう??





















 

 2010/09/18の華





秋彼岸法要に向けて、立てました。
いつも通りです。






正面の華、いつもは横着して正真を立ててないのですが、
今回は別に一本、同じヒノキを加えてみました。
やっぱりあった方が良いですね。




















2009/09/16の華


何だか全体に、ボッテリしています。
なかなか、スッキリとなりません・・・。




アレレ?流枝の枝が無いですね!?