2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

2015/04/11の華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/04/08の華

 

 

脇・余間も立てて、とりあえず供えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014/04/10の華

右側の前置きを作って、配置。






あちらこちらにハランを挿して、完成。










「おみがき」も終わって、仏具が光っています。



お内仏も法要のお荘厳。
































 

 2012/04/09の華

永代経法要の中尊前は五具足なので、一対。
左右を揃えるのに、結構気を使います。






今回は、菊とアルストロメニアで。
アルス〜は、ボリュームがあって、使いやすいと思います。


脇壇・余間も菊とアルス〜で。




























2011/04/15の華

御正忌・永代経法要は、中尊前のみ五具足としています。
普段慣れていないせいもあって、対で立てるのは、なかなか大変です。



































 2010/04/10の華














永代経法要は、中尊前は五具足でお荘厳。
ここ数年、御正忌はUさんが立てて下さるので、私が中尊前を一対立てるのは、
永代経法要の時のみです。

左右対称に立てるだけ、ではありますが、やっぱり大変!






















2009/04/11の華

頂いてきた、つつじを使いました。
今回は、五具足です。

急に暑くなったので、涼しげに出来ないかな?と思ったのですが、
すこしスカスカな感じになってしまったような・・。
花が開くと、もう少しボリュームが出てくる、かな?


中尊前左側


中尊前右側


両脇・両余間は、花だけ入れ替え。
今回も、新発意のGが担当しました。


2009/04/17の華

昨日までで、永代経法要が終わりました。
M月先生、ありがとうございました。

平常の三具足に戻しましたので、対の華をバラして合わせ、左側だけに活け替えました。
葉モノは、法要前のを再度使いました。
満開を少し過ぎた「うばつつじ!」になってますので、いつまで持つか。
しかしこの位ボリュームあった方が、
内陣に供えた時には、パッと見、見栄えがするなぁ。


今、プレビューを見て気付いたのですが、
この下(↓)に、何とも絶妙なコマーシャルが入ってますね。どうやって選ぶのでしょう?