2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

2015/04/11の華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/04/08の華

 

 

脇・余間も立てて、とりあえず供えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/04/07の華

今回は五具足なので、一対立てます。

 

 

 

 

 

右・左で、白菊と黄菊を入れ替えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/04/07の華

 

 

今年もきれいに出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/03/27の華

 

 

色切に、ツバキを使ってみました。華やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/03/12の華

下ごしらえをしました。見越し・添え(副え)下・受け下など、輪ゴムでくくっています。

 

 

木部、色切は前回の流用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/02/26の華

3月1日に本堂で仏前結婚式があるので、少しそれっぽいのを立ててみようと思います。

 

 

 

 

 

 

ユリ系は普段ほとんど使わないのですが、今回は結婚式ですので、少々派手目に。

 

 

色切りも、こんなのを使ってみました。(名前は忘れました)

 

 

2015/03/01の華

こんな感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/01/22の華

御正忌の華(左側)をバラして、真をお正月用に差し替えてまた使っています。

 

 

2015/02/04の華

枝モノはそのまま、花だけ差し替え。まだまだ流用。

 

 

脇・余間は枝だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/01/10の華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お内仏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2015/01/09の華

御正忌は五具足なので、左側はお正月用を流用しました。正真は左右揃えるために替えています。

右側は一から立てました。

 

 

黄菊に角度・広がりが欲しかったので、針金で細工。

 

 

南天がまっすぐピシッと立つように、細く削った竹を南天の枝の間に通して、針金で固定しました。

 

 

南天は竹の串ごと受け筒に挿しました。

右側の前置きは、置き場が無いので、仮にそのへんに挿している状態。

 

 

正真前用には、水仙を揃えて輪ゴムでまとめ、左・真ん中・右と長さを決めてカット。

それを左側用と右側用に、二組作ります。

 

 

正真前の水仙、見越・副下・受下・色切り・前置きを挿して、出来上がり。